6月20日
全校福祉講演会
19日(月)、全校福祉講演会を開催しました。
全校福祉講演会は毎年開催しており、
今年は
石川県原爆被災者友の会会長
西本多美子氏をお迎えし
「広島のピカ〜核兵器をなくそう」と題して
核兵器の恐ろしさ、そして平和や命の尊さについて
お話頂きました。

西本氏は広島出身で、4歳の時被爆しました。
県内に留まらず、国内外で講演、被爆証言活動を行うなど
被爆の実相を伝える活動を行っています。
この講演では、自らの体験や、多くの被爆証言を
写真やプリントで詳しく生徒たちに語りました。

原爆が投下されて72年目。
被災された方から直接原爆の体験をお聞きする機会が
少なくなった今、貴重な機会となりました。

翌日20日(火)の北陸中日新聞に
記事が掲載されましたので併せてご紹介します。
 北國新聞 6月20日